日記 電気代をお教えします!

冷蔵庫の電気代

冷蔵庫の電気代を節約して、家計の助けにしましょう。

冷蔵庫を24時間稼働しているもので、必要がないときに電源を落とすという使い方ができないものです。

それだけに冷蔵庫の電気代を節約することができるようになれば、年間を通して大幅な節約に繋がる可能性があります。


ここでは冷蔵庫の電気代を節約するための方法について、まとめていきます。

冷蔵庫は内部の温度を一定に保つものなので、熱いものは冷ましてから入れるようにしてください。


熱いものを入れると内部温度が上昇し、その分電気代も上がってしまうので注意しましょう。

同様に中にものを入れすぎていると、冷気の流れが遮断されてしまい、効率が悪くなってしまいます。



たくさんものが入っていると頼もしいのですが、冷蔵庫は容量の半分から70%くらいでものを入れるようにしてください。

もちろん整理整頓をして、できるだけ空き部分を大きくすることも必要です。


なるべく熱を逃さないようにすることも、節約に繋がります。

ビニールカーテンを自作して貼り付けておくだけで、開閉時の熱の逃げをかなり防ぐことができるようになります。


開け閉めをできるだけ控えるようにするだけでも、電気代の節約になるので、このことは徹底しましょう。

冷蔵庫の電気代を節約するための方法は、とてもシンプルなものです。


しかしそれだけに見落としてしまっている方もたくさんいるので、注意してください。

これらを心がけるようにするだけでも、かなり変わってくるので覚えておいてください。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浴室乾燥機の電気代

浴室乾燥機の電気代は、いったいどれくらいのものなのか、気になる方は参考にしてみてください。

浴室乾燥機は、洗濯物を乾かすことができるだけでなく、カビを防ぐという目的でも使うことができます。
これだけを見ているととても便利なものに思えるかもしれませんが、実は電気代が高いという問題があるのです。


浴室乾燥機にも色々な種類があるので、一律で電気代が決まっているというわけではありません。

平均的なものになりますが、浴室乾燥機の電気代は、最大で使用すると1時間で26〜28円ほどとなっています。


浴室乾燥機をどれくらい使うのかにもよりますが、例えば1日あたり5時間ほど使用する場合は、26×5×30で3900円になります。

季節によって使用する時間が変わってきますが、単純に1年使ったと計算すると46,800円になるのです。


いくら便利なものとはいっても、さすがにここまでのものになると、使用方法を考え直した方が良いでしょう。

どうしても使わなければならないときでもない限り、浴室乾燥機の使用は控えることをおすすめします。


電気代が安い夜間に使用するというのも1つの手なので、寝る前に洗濯をするのも良いかもしれませんね。

これだけでも、実はかなりの節約になるのでおすすめです。


部屋干し外干しの頻度を増やすことや、使用時間を変えるだけでも、大幅な電気代の節約になります。

電気代が高いと困っている方は、色々な部分をチェックしてみてください。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電気代の平均

電気代の平均を知って、自分の電気代が適正なものかどうなのかを再確認してみましょう。

電気代は特に気にしていなければ、どんどん高くなっていくものです。

しかし生活している中で少しずつ気をつけるようにしていけば、どんどん安くしていくこともできます。


例えば一人暮らしをしている方の電気代は3,000円〜4,000円くらいです。


これはあくまでも目安的なものですが、これを大きく上回っている場合は、ちょっと節約について考えた方が良いかもしれませんね。


パソコンを持っている人の場合、ノートパソコンなのかデスクトップパソコンなのか、一日の間でどれだけ使用しているかによって変わってくるので、注意してください。

趣味で長時間使用している方の場合、やはり電気代が高くなってしまうので、趣味のための必要経費として諦めてしまっている方もいるかもしれません。


しかし他の部分で節約することによって、少しでも負担を減らすことができるかもしれません。

ちなみにこれが4人くらいの家族で生活している場合、電気代の平均は7,000〜8,000円くらいになるとされています。


もちろんこれも使用しているものによって変わってくるのですが、一つの基準として知っておいてください。

電気代の節約が習慣化すれば、その分お金を他のことに回すことができるようになります。

なかなかお金を貯めることができないという方は、こういう部分から見直していってはいかがでしょうか。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電気ポットの電気代

電気ポットの電気代はいったいどれくらいのものなのか、みなさんはご存じでしょうか。

普段から何気なく使用している電気ポットは、いつでもすぐにお湯を使うことができるので、とても便利なものです。


普段からお茶やコーヒーを飲む方にとって、欠かすことができないと言えるくらいのものです。
しかし電気ポットは電気代がとてもかかるものです。

平均的な電気ポットの電気代は、一般的な使い方をしても年間1万円ほどになります。

使用頻度がそれほど高くないという方ならもっと安くすることもできますが、そうなると今度は電気ポットを持つ必要がないということになってしまいます。


現在は省エネモードが搭載された電気ポットが登場しているので、電気代がもっと安く済むかもしれません。

しかし実際に自分がどれほどの頻度でお湯を使用するのかを考えて、購入するかどうかを決めた方が良いかもしれません。


少ない量なら、ガスを使用したり電子レンジを使用した方が安くなるのは確かです。

しかし多くの量を頻繁に使うというのであれば、電気ポットの方が良いという場合もあります。


結局は使用する人がどういう環境にあるのかによって、電気ポットの電気代は変わってくるものです。

現在買おうと思っているものの消費電力はどれくらいなのか、そしてそれを自分が使用した場合はどれくらい電気代が発生するのかをチェックしてください。

その上で電気ポットを有効活用できるようにすることを、おすすめします。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電気ケトルの電気代

電気ケトルの電気代はそれほど高いものではありません。

電気の力でお湯を沸かすことができる電気ケトルは、電気代が高いのではないかと心配している方がたくさんいます。


電気にはさまざまな使い方がありますが、電気を使ってものを温めるものの多くは、消費電力が大きいという特徴があります。

電気ケトルの消費電力にもさまざまなものがありますが、1,000Wくらいのものが主流です。


1,000Wというと消費電力としては高いと思えるかもしれませんが、実際に使用するのは数分程度なので、実はそれほど電気を使っているわけではありません。

暖房器具の場合は長時間使用するので、電気代が高くなってしまいます。


しかし電気ケトルの場合は、お湯が沸いてしまえばそれまでのものなので、電気代がほとんどかからないのです。

例えば1,000Wの電気ケトルで500mlほどの水を沸騰させる場合は、3分ほどの時間が必要になります。
この使い方の場合、1円くらいしか電気代はかかりません。


ちなみに保温機能を使用する場合は50Wほどで、1時間保温する場合は2円ちょっとになります。

塵も積もれば山となるという言葉があるので、使いすぎてしまうと電気代は大きくなってしまいますが、一般的な範囲での使い方なら安く済みます。


ちなみに一人暮らしの方の場合、一度にそれほどの量を使うわけではないので、電気代はさらに安くなります。

電気ケトルを使おうか迷っている方、使っているけど電気代が気になるという方は、これを参考にしてみてください。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暖房器具の電気代

暖房器具の電気代を比較して、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。
暖房器具にはさまざまなものがあり、その効果や電気代もさまざまです。


色々なものがありますが、これ1つあればすべてをまかなえると言えるようなものはありません。

どういう環境にあって、どの程度使用するのかによって、何が一番効果的なものなのかは変わってきます。


そのためにも、それぞれの暖房器具の電気代を含めて、色々とチェックしていきましょう。

暖房器具にはガスや灯油を使用するものがありますが、それを動かすためにも電気代が必要になります。


ガス代だけで考えてしまう方もいるのですが、電気代も必要であるということも含めて、考えるようにしてください。

室内の暖房で一番良いのはエアコンです。


しかしこれは広い空間を温めることに効率が良いというものであって、局所的な暖房があれば良いというのであれば、他の暖房器具の方が良い場合があります。

エアコンの場合設置する場合も制限があるので、可能であればという選択肢にしておきましょう。


オイルヒーターは電気代が高めですが、空気に影響を与えることなく温めてくれるので、とても効果的です。

遠赤外線を利用した暖房器具は、すぐに温かくなりますが範囲が狭いという欠点があります。


しかし身体の芯から温まることから、少し使うだけでも効果的なものなので、メインの暖房器具が本格的に動くまでの繋ぎとしても使えます。

このようにそれぞれの使い所を考えて効率的に運用していけば、暖房器具の電気代を節約しながら、快適な環境にすることができるので覚えておいてください。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

炊飯器の電気代

炊飯器の電気代を節約するためのテクニックをまとめておきます。
炊飯器はほとんど毎日使うものだけに、電気代で占める割合も大きなものになります。


だからこそ電気代を節約するときには、炊飯器の電気代を節約する方法が重要になります。


炊飯器の電気代を節約するための方法は、実は意外とたくさんあるので色々試してみましょう。


炊飯器で一番電気を使うのは炊飯時ですが、保温時のことを見逃している人がたくさんいます。

保温で使用する電気はわずかなものですが、それを長時間続けることになるので、結局多くの電気代がかかってしまうのです。

長時間保温のままにしておくくらいなら、冷蔵・冷凍してから電子レンジを使用した方が、電気代が安くなるので覚えておきましょう。


炊飯をするときに量を多くすることも、電気代の節約につながります。

量を増やせばそれだけ電気代もかかってしまいますが、1回でたくさんの量を炊くよりも、2回3回で少ない量を炊く方がお金がかかります。

それと同様に、大きめの炊飯器を購入して、一度にたくさんの量を炊いて冷凍してしまった方が、電気代の節約になるのです。


この他にも待機電力を節約するために、普段はコンセントを外しておくと言うものも有効です。
タイマー機能を使用して、できるだけ保温しないようにすることも、もちろん有効です。

炊飯器の電気代を節約する方法は、このように色々な方法があります。

電気代を節約したいと思っているのなら、色々と試してみてください。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

床暖房の電気代

床暖房の電気代は高いのか安いのか、気になる方はこれを参考にしてみてください。

床自体が温かいためスペースを有効活用できるのが、床暖房の特徴です。


しかしここで気になってくるのが、はたして床暖房の電気代はお得なのかという所です。

部屋全体を完全床暖房にすればとても温かくなりまが、今度は電気代が大変なことになってしまいます。


しかし反対に範囲を限定することで電気代を節約することができますが、今度は温かい範囲が限られたものになってしまうので、思わぬ所で不便さを感じてしまう可能性もあります。

床暖房の電気代は、どれだけのスペースをカバーさせるかによって、大きく変わってきます。


たとえば6〜8畳くらいの空間で、1日8時間くらいの使用をするなら、電気代は1ヶ月あたり3,000円ほど必要になります。

そしてこれがリビングなどの広い空間、例えば10〜12畳くらいの場所になると、電気代は1ヶ月あたり4,000〜5,000円ほどになります。


倍くらいの広さになったとしても、1,000〜2,000円くらいの差なので、これを高いととるか安いととるかはその人次第です。

家具を置く場所には不要という考え方がありますが、そうすると模様替えをするときに制限がかかってしまうことにもなります。


狭い範囲にしたせいで十分な暖をとれず、結果的に別な暖房器具を使うことになったという例もあります。

床暖房の電気代について考えるときは、こういうことも含めて考えるようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動販売機の電気代

自動販売機の電気代はどれだけかかるのでしょうか?
不労収入というか副業のようなものとして、自動販売機を設置しているという方がいます。

もちろんそれだけではなく、お店のものとして自動販売機を設置している方もたくさんいます。


しかし自動販売機は基本的に24時間稼働させるものなので、当然電気代もそれなりにかかります。
あれほど大きなものを動かし続けるとなると、かなりの電気代がかかってしまうのではと、心配な方も多いでしょう。

また副業として設置するにしても、どれだけ売れれば電気代分も含めて利益を出すことができるのかと、気になっている方も多いのではないでしょうか。

自動販売機の電気代は、一時期一ヶ月あたり1万〜2万円くらいかかるものでした。


そのため結構な量が売れないと、儲かったと言えるくらいの利益を得ることはむずかしかったようです。

しかし現在では平均で一ヶ月あたり3,000〜4,000円ほどになったということなので、自動販売機の電気代もかなり安くなりました。

世の中全体が省エネ傾向にあるため、こういう部分でもかなりお得になっているということです。

ただしほっと販売やコールド販売によって、この料金は変動するので、そこは忘れないでおいてください。

自動販売機の設置に当たり、電気代を定額にすることができるサービスもあるので、そちらも含めて考えてみましょう。

どうせ設置するのであれば、利益が出せることに越したことはないので、しっかり考えるようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乾燥機の電気代

乾燥機の電気代は、しっかり節約できるようにしましょう。
洗濯物が多いという方や、すぐに乾かしたいという方にとって、乾燥機はとても便利な家電製品です。
しかし乾燥機は、その性質上とても電気代がかかってしまうものです。

特に考えず頻繁に使い続けていたら、あっという間に電気代が上がってしまいます。


そのことを覚悟の上で導入するとはいっても、できるだけ電気代が安く済むのなら、その方が良いでしょう。
乾燥機のコストは、実はエアコン並です。

色々な種類がありますが、1kWhのものだと1時間の使用で20円くらいの電気代がかかります。


洗濯物が多い方の場合は何度も使用したりするので、1ヶ月で千円単位の電気代上昇が見込まれます。

消費電力の高いものだと、それこそ目に見えて電気代が上がるので注意してください。


干さなくていい手間を考えるとぜひ導入したいものですが、乾燥機の電気代はそれ相応のものになるということを覚えておきましょう。

また乾燥機の電気代は、それこそ機種によってさまざまなのも忘れてはいけません。


同じメーカーのものでも数倍近く差が付いてしまうこともあるので、それも含めて何を買うかを選ぶべきです。

乾燥機の電気代を節約するなら、脱水はしっかりとして、ある程度の量をまとめて乾燥させる方法がおすすめです。


フィルターをこまめに掃除するようにすれば、常に最大限の力を発揮してくれるので、こちらも忘れないようにしてください。

ちょっとしたことですが、こういうことをすることによって、乾燥機の電気代を節約できるので覚えておいてください。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホットカーペットの電気代

ホットカーペットの電気代には注意しましょう。
ホットカーペットは手軽に暖をとることができる暖房器具で、寒い季節にはとても重宝するものです。

しかし残念ながらホットカーペットは電気代がとても高いため、うかつに使い続けると大変なことになってしまうことがあります。

ただでさえ寒い冬は、さまざまな暖房器具を使用することからお金がかかってしまいます。

そのためせっかくホットカーペットを導入したのに、電気代が高いので使用を断念してしまったということが起こらないようにしましょう。


ホットカーペットは、一度に広い範囲を温めることができ、足下から温まるため快適なものです。

しかしたくさんの人がいるならともかく、一人しかいない状態でホットカーペットをフルに使っても、電気代の無駄でしかありません。


そんなときには、省エネ機能があるホットカーペットを導入しましょう。

ホットカーペットの中には、温める範囲を指定できるものがあります。


これを上手く活用することにより、最小限の範囲で利用できるようになるため、電気代の節約に繋がるのです。

オイルヒーターなどと比べれば安いものですが、コタツなどと比べると高いのが、ホットカーペットの電気代です。


ただ大ざっぱに使用するのではなく、どういう用途でどれくらい使用するのかも考えて購入するようにしましょう。

上手く使いこなせば強力な暖房器具なので、色々と工夫してみてはいかがでしょうか。
できるだけお金をかけずに寒い冬を乗りきることができれば、素晴らしいですね。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホームベーカリーの電気代

ホームベーカリーの電気代は、いったいどれくらいかかるのでしょうか。
自宅で簡単にパンを作ることができるホームベーカリーは、大変経済的だと言われています。


確かに材料さえあればパンを作ることができるので、わざわざ買ってくる手間はなくなります。

もちろん材料込みで考えても、1斤あたり100円ちょっとで作ることができるので、とても経済的だということがわかります。

しかしホームベーカリーの電気代は、いったいどれくらいかかるのでしょうか。


いくら材料費が安くても、電気代がかかってしまうようでは、あまり意味がありません。
では実際にどれくらいの電気代がかかるのでしょうか。

メーカーによって差がありますが、ホームベーカリーを使ってパンを焼いた場合の電気代は、1回10円以下とされています。


これならせいぜい消費税分くらいかなと考えることができるので、ほとんどお金がかかっていないと考えても良いのではないでしょうか。

ホームベーカリーには色々な使い方がありますが、どれもそんなに電気代がかからないというものばかりです。

最初に買うときの値段は高いかもしれませんが、使えば使うほどどんどん得ができるものなのです。


もしもパンが好きだというのなら、ホームベーカリーは積極的に使っていくと良いでしょう。

このように電気代が高そうな家電製品であっても、実際に調べてみるとそれほどではないということは良くあります。

気になるものがあれば、どんどん電気代をチェックしてみてください。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パソコンの電気代

パソコンの電気代はいったいどれくらいかかるのか、みなさんは把握しているでしょうか。
パソコンの消費電力が多いのは、もう見たままで伝わってくると思います。

ノートパソコンレベルになるとそれほどではありませんが、デスクトップパソコンともなると大変なレベルです。


ディスプレイがブラウン管から液晶になったことにより、以前よりもパソコンの電気代は下がりましたが、それでも安いかどうかと言われると困ってしまいます。

極端な話になりますが、パソコンを常時電源オンにした場合、ノートパソコンで一ヶ月1,000円以下、デスクトップで一ヶ月2,000円近くかかると思ってください。


どういう機種やパーツを使っているのかにもよりますが、単純な目安としてこれくらいだということを覚えておきましょう。

ちなみにデスクトップの場合は、これに加えてディスプレイやスピーカーも加わることになります。


インターネットで検索してみると、それぞれのパーツ構成によってどれくらいの電気代になるのかを算出してくれるページがあるので、そちらを利用してみるとよいかもしれませんね。

一般的な家電製品の電気代は、新型が出るたびに安くなっていきます。


しかしパソコンの電気代は、新型が出るたびに高くなっていくものです。

ノートパソコンにするだけでもかなりの節約になるので、趣味で思いっきり使うという方でなければ、ノートパソコンで電気代を節約するのも1つの手です。


実用性も含めて考えていかなければならないため、むずかしいかもしれませんが、パソコンの電気代を見直してみてはいかがでしょうか。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレビの電気代

テレビの電気代はできるだけ節約しましょう。
エコという言葉が広く使われるようになり、家電製品も消費電力を抑えたタイプのものがたくさん登場しています。


テレビで大型のものでも、消費電力が100W以下のものが主流となっており、テレビの電気代はだいぶ安く済むようになりました。

しかしだからといって、安心して良いというわけではありません。

やり方次第では、テレビの電気代はもっと節約することができるようになります。


電気代を節約したいという方は、もっとテレビの使い方について、色々と工夫してみてください。

テレビの電気代を節約するときに一番効果的なのが、電源のオンオフです。


リモコンでのオフは便利なのですが、ここはしっかりと主電源から落とすようにしてください。

テレビは電源をオンにするときが一番電力を消耗するので、神経質なレベルで(5分や10分)オンオフをしていたら、逆に電気代が高くなってしまうので気をつけましょう。


こまめなオンオフはテレビ自体に負荷が大きいので、寿命を縮めることにもつながります。

テレビの画面をきれいにすれば、多少暗くてしっかり見ることはできます。


そしてこの明るさを下げるだけでも、電気代を節約することができるので覚えておいてください。

テレビの電気代を節約することは、目に見えて大きな効果が現れるというものではありません。
しかし積み重ねていけば大きなものになるので、できるだけ心がけるようにしておくと良いでしょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こたつの電気代

こたつの電気代はいったいどれほどかかるのか、みなさんはご存じでしょうか。
暖房器具の代表格としてこたつがありますが、暖かい場所が一箇所に集中しているということから、使いづらいものであるのも事実です。


リビングでみんなが使用するという場合や、一人暮らしの方が使用するという分には問題ありませんが、多くの人が一度に暖をとることには向いていません。


しかしそれを差し引いても多くの方がこたつを使用しているのは、単純に温かいということと、こたつは電気代が安いという理由があるからです。


こたつを使用する場合の電気代は、1時間あたり3〜4円と言われています。

これだけだとピンと来ない方もいるかもしれませんが、エアコンなどを使用する場合に比べたら数分の1です。


さすがにエアコンほど高性能なものではありませんが、費用対効果を考えれば十分な暖房器具です。

こたつに使用する布団を厚手のしっかりとしたものにして、さらに必要に応じてオン・オフを切り替える機能がついているのなら、1時間1円くらいまで節約できる場合もあります。


これなら、どんどんこたつを使おうという気になるはずです。

しかし布団を薄いものにすると、常に電気が入りっぱなしになってしまい、1時間10円以上になるので注意してください。


こたつは電気代が安く、上手く使えばとても効果的な暖房器具になります。

しかし正しい使い方をしていないばかりに損をしている方もいるので、十分に注意してください。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カーボンヒーターの電気代

カーボンヒーターの電気代は、とてもお得です。
寒い季節になってくると、暖房器具の出番です。

しかしそうなってくると、その暖房器具にどれくらいお金がかかってしまうのかが気になってきます。

寒いからどんどん使っていると、いつの間にか電気代や灯油代が大変なことになっているので、これは気をつけなければいけません。


そんな暖房器具の中で注目されているのが、カーボンヒーターです。

カーボンヒーターは、炭素繊維を発熱体として使っており、ハロゲンランプよりも2倍の赤外線放射量があります。


つまりカーボンヒーターは、単純に考えてもハロゲンヒーターの半分しか電気代がかからないということです。

エアコンやホットカーペットなどと比べると、暖房範囲が狭いという弱点がありますが、一人で使用するなら十分な暖かさを得ることができます。


それでは実際に、カーボンヒーターの電気代はどれくらいなのかという話になります。

カーボンヒーターは最大でも600W程度のものですが、これだと1時間あたりで13円ほどになります。



最大ではなく弱でも良いというのなら、300Wで1時間7円ほどで済みます。


カーボンヒーターは赤外線の力で温まるので、長時間浴びればしばらく暖かさは持続してくれます。

上手く使うようにすれば、カーボンヒーターの電気代を節約できるようになるので、色々とやってみましょう。

暖房器具は、使い方次第でとても経済的になるので、電気代をチェックして色々と考えてみましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オール電化の電気代

オール電化は電気代に注意してください。
オール電化にするとガス代の項目がなくなり、すべて電気代でまかなえるようになります。

しかしそうなると気になってくるのが、電気代がどれくらいかかるのかという問題です。


せっかくガス代がなくなったのに、電気代が予想以上にかかってしまい、結果的に損をしてしまうのではないかと思っている方もいることでしょう。

オール電化の電気代は、普段はそれほど高くなるということはありません。


結果的にはガス代があった頃よりもお得だと感じられるくらいです。

しかし冬になって暖房をつけっぱなしにするようになると、爆発的に電気代が上がってしまうので注意してください。


好き勝手使った結果、電気代が3万円近くになってしまったという例もあるので、まずはこの部分を気をつけなければいけません。

室内の温度管理をしっかりするだけでも、電気代を大幅に減らすことができるようになります。
また深夜の時間帯や午前10時までと午後5時からは、昼間よりも電気代が安くなります。


家事などをする場合はこの時間帯にするように意識すると、電気代を大きく節約できるようになります。

1年を通してみると、オール電化の電気代はとてもお得なものです。


ただし特定の季節になると凄いことになるので、この部分はしっかり気をつけるようにしてください。

このことをしっかり徹底していれば、オール電化の電気代もそれほど高いことにはならないので、忘れないでください。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オイルヒーターの電気代

オイルヒーターの電気代はどれくらいなのか、気になる方は参考にしてみてください。
オイルヒーターは、ほのかに温かい感じでとても快適な暖房器具です。


乾期の必要もないため、とても使いやすい暖房器具ですが、その電気代は高めになっています。
電熱器を使っていると言うことから、ある程度電気代が高いことは予想できますが、実はオイルヒーターの電気代はホットカーペットの2倍くらいもします。

暖房効率が良いので、絶対に高いとは言いきれませんが、導入する前にはこのことを頭に入れておきましょう。


特に一日中家にいることがある場合、常にオイルヒーターの電源がオンになっているのですから、そうなると電気代が凄いことになってしまいます。

快適さのためなら仕方ないと思えるかもしれませんが、節約したいと思っているのなら使用法を考えてみてください。


常に温める必要がある部屋では別な暖房器具を使用して、一日の内に使用する頻度がそれほど高くない部屋をオイルヒーターにすれば、それほど電気代は必要になりません。

もちろん好みの問題もあるので、この使い方を推奨するわけではありませんが、こういう使い方もあるということで覚えておきましょう。


設定温度を低めにしても、オイルヒーターならけっこう温かくなるので、ガンガン温めないという方におすすめです。

オイルヒーターの電気代は、決して安いものではありませんが、使い方次第ではかなり強力な暖房器具になってくれるのでおすすめです。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エレベーターの電気代

エレベーターの電気代は、いったいどれくらいかかるのでしょうか。
エレベーターというと、あの巨大な箱をモーターを使って上げたり下げたりしているということから、かなりの電気代がかかっているように見えます。

しかし実際にエレベーターの電気代について調べてみると、驚くほど安いということがわかります。


エレベーターはさまざまなメーカーから、さまざまな機種が発売されているので、一律というわけではありません。

しかし一般的によく使われているタイプがあるので、それを例にして電気代について書いていきます。
エレベーターの電気代は、なんと1階分動かすだけで0.1円ほどしかかかりません。
10階建ての1階から最上階まで上ったとしても、たったの10円で済むのです。

ずっと動いていると、積もり積もってけっこうな金額になってしまいますが、それでも驚くべき安さです。
ちなみにモーターに全負荷がかかった状態での計算なので、人が誰も乗っていない状態だと、さらに安く済むでしょう。

ただしここで忘れてはいけないのが、待機電力やエレベーター内の電気系統に使用される電気代です。


この部分こそエレベーターによって変わってくるものですが、1階あたり0.5円くらいかかると思って良いでしょう。
家庭用エレベーターを導入しようと思っている方は、エレベーターの電気代について考えてみてください。

メーカーの方に確認した方が確実な数字がわかりますが、だいたいこれくらいかかるものだと覚えておきましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコンの電気代

エアコンの電気代を節約するための方法には、どのようなものがあるのかをまとめてみました。
エアコンは毎日使用するものです。


季節によっては必要ないときもありますが、夏や冬のような季節になると、ほぼ毎日使わなければいけないというくらいの室温になってしまいます。


しかしそこで温度を抑えることによって、電気代の節約ができる可能性が出てきます。

エアコンは設定温度を1℃変えるだけで、電気代が10%近くも変わってくると言われています。

ただ温度を上げ下げするだけなら誰にでもできますが、その状態で快適に過ごすことができるのかというと、なかなかむずかしいものです。


電気代のために無理をして、体調を崩すようなことがあっては本末転倒です。

風邪を引いて病院に行くようなことにでもなったらもったいないので、そのようなことが起こらないようにしましょう。

エアコンの電気代を節約するための方法として、カーテンをかけるというものがあります。


カーテンをかけることによって、部屋の気温を逃しにくくすることができます。

除湿機能を使うと、それだけ電力消費量が上がってしまうのではないかと心配している方もいると思います。
しかし湿度が15%低下することによって、体感温度が1℃下がるということを考えると、除湿機能を使うとエアコンの電気代を節約できるようになります。
この他にもあえて扇風機を使用するなど、エアコンの電気代を節約する方法はたくさんあるので、色々と試してみてください。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IHクッキングヒーターの電気代

IHクッキングヒーターの電気代はお得なのかどうか、気になる方はたくさんいるでしょう。


IHクッキングヒーターは、火を使わずに料理をすることができるようになるので、安全性という意味ではとても頼もしいものです。

さらにガス代が一切かからなくなり、電気代と一本化することができるので、とてもわかりやすいのも特徴の1つです。


しかしガス代が安くなるというのは大きなポイントですが、なら電気代はどれくらいになるのかと気になる方もいることでしょう。

IHクッキングヒーターの電気代は、実際にどれだけ使用するのかにもよりますが、ガス代と比べて高いということはほとんどありません。


そもそもフルパワーで使うこと自体が、急ぎの時くらいしかないので、想像していたよりも安かったという方がほとんどです。

一般的な料理を作るという場合、IHクッキングヒーターの電気代は1,000〜1,500円程度に収まることがほとんどです。


料理は毎日するものなので、電気代が大幅に増えてしまうのではないかと気になる方はたくさんいます。

しかし料金に関してはほとんど変わることがなく、掃除が簡単になって安全というメリットがあるので、IHクッキングヒーターはとても満足度が高いものとされています。


実際に使用してみると、IHクッキングヒーターはとても火力が強いものだということが実感できます。

こればかりは使用しないとわからないことですが、パワフルで電気代が安いので、とてもおすすめなものです。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。